会員登録/修正 >会員様ログイン

いきいき建舗Blog


2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

タキロンシーアイ

ミエスレート

若井産業

タカヤマ金属工業

ヨドコウ


Tweets by ik_kenpo
 

波形スレートができるまで


各種工場をはじめ倉庫、事務所、畜舎、店舗などの屋根・壁材に使用される 波形スレートの製造工程を、ミエスレート工場で工程順にご紹介します。

ミエスレートは40数年の波形スレート製造の経験と、専門的技術を持ち、 厳しい品質管理のもと安心・安全なスレートを製造しております。
 

材料の混合

まずは、パルパー(撹拌機)で原材料の水・セメント・パルプを均一に混合します。


抄造(しょうぞう)

次は、ウェットマシンと呼ばれる丸網式抄造機で、抄(す)き取り圧搾成型します。

仮型付

Vベルト装置で抄造後の平らなシートに、波形を仮型付します。

成型・養生

加圧

油圧プレスで強力加圧します。

裁断

既定の長さにカットします。

脱型積上げ・室内養生

吸着機で吸い上げられ、リフトに乗って養生室に入ります。

型付

それぞれの役物の型の上に仮型付したスレートをのせ、手で押し付け型付をします。

室内養生

休ませてセメントを硬化させます。

製品検査

最後に、JIS規格に基づき寸法・荷重測定・強度試験・水分含有量などの検査が厳しく行われます。

 

出荷

厳しい検査に合格した商品だけが出荷されます。

   

ページトップへ